夏物着尺を代表する高級紺上布

宮古上布は戦前から越後、能登および近江上布とともに四大上布のひとつとして知られ、特に「東の越後、西の宮古上布」と並称され、越後上布とともに夏物着尺を代表する高級紺上布です。
宮古上布の原料糸は苧麻を使い、苧麻の栽培から収穫、ブー引きと呼ばれる繊維を取り出す作業から、繊維をつなぐ作業「ブー積み」など糸づくりから手作業で行われています。次いで絣括り、藍染め(琉球藍とタデ藍の混合)をし、織り上げます。
仕上がりは、糸が細くて強く、弾力に富み、肌にまとわりつかないので着心地がよく、表面にロウ引きをしたような艶がある織物です。

お取り扱い商品例

宮古上布 十字絣 長財布

宮古上布 十字絣 長財布

緻密な絣の配列と深い藍染めの高級感あふれる味わいが特徴です。

宮古上布 印鑑入れ

宮古上布 印鑑入れ

手紡ぎの糸を使用した独特の風合いが大変魅力的な逸品です。

宮古上布 横長バッグ

宮古上布 横長バッグ

宮古織物事業協同組合

〒906-0201
沖縄県宮古島市上野字野原1190-188
電話:0980-74-7480