2018.08.09

【沖縄の半幅帯】

はいたーい。
毎日暑い日が続いておりますが皆様、体調など崩されていませんでしょうか。
水分補給をしっかりして暑い夏を乗り切りましょうね。本日は、南の島ならではの色とりどりの半幅帯をご紹介いたします。

八重山みんさー、読谷山ミンサー
※ミンサーとはもともと木綿で織った細帯のことです。

知花花織、首里織、琉球かすり、ウージ染めと産地も様々で
色、柄、織 すべてが沖縄の手仕事で彩られています。

織り機を使って1つ1つ丁寧に手で織られているので
ぎゅぎゅっと詰まったしっかりとした帯になっています。
実際に締めてみると不思議と苦しさは感じず
ずれ落ちてくることも滅多にありません。
長さは4m以上はありますので変わり結びも可能です。
浴衣にもぴったりで、とってもオススメの半幅帯です。
是非、店内で御覧下さいませ。